2018年03月04日

FX110購入

新車定価27万円のCCW(クリーブランドサイクルワークス) FX110。保証なしの個体が廉価に売られています。同じ店でも保証付きのものは定価あたりで売られているので、どうにも訳ありな感じが漂いますが、買おうとしているのは実用車でなくオモチャです。早速電話してみました。

「きれいなバイクですよー もちろん何も問題ありません。でも現車1台限りですので、売れちゃったらごめんなさい」

商売ですから当然ですが、うまくやられている気がしないでもありません。しかしそう言っていても仕方がないので、残っていることを願いながら週末までを過ごし、隣県のお店まで行ってきました。

P1001475.jpg


果たしてそのお店に、まだその車両はありました。「さっきも別の方が見に来られてました」などと言われ、落ち着きを失わないようにしながら現車を見ると、たしかにどこも悪くなさそうですし傷もありません。オドメータもも2kmで正真正銘の新車。さっそく跨がらせてもらいました。シート高が高めということは分かっていたのですが、細身の車体であること、体重でサスが割りと沈み込むことから問題なさそう。ハンドルやステップの位置関係も良い感じです。分厚い塗装など、見た目の品質も悪くない。

お店はご覧のとおり、KTMなどの外車を中心にしたお店で、オフロードに強そう。FX110の販売実績も多く、他にモタード仕様(17インチのオンロードタイヤを履かせたバージョン)も置いてありました。店主によると、かなり走破性がよく面白い車両とのこと。昔、4輪のオフロード車に乗っていたことがありましたが、オフロードに踏み入れる機会がなく、ほとんど活用しませんでした。しかしこのバイクならあちこち行けそう。そういう、4輪でできないこともしたいので、もう買っちゃおうかという気分になりました。

全体のデザインや作りはブログやら動画やらで確認していましたが,前後ホイールサイズが大きいこともあって、原付二種としては思った以上にかなり大きいです。エンジンなど実質的にはカブですが、機械に詳しくない人には、そうは見えない。その場で「買います」と言いそうになりましたが、家族にはまだ話していません。前回は無断で買ったことが不評の原因だったので、これでは後々楽しめない、と思い、後ろ髪をひかれる思いで「相談して明日返事します」といって店を後にしました。

自宅に帰り、落ち着いた頃を見計らって談判します。やはり、ここ数年研究を続けていたことはバレていたようで、「やっぱり?」と言われましたが、ちゃんと事前に話したことと、その間の時間の蓄積もあり、なんとか許可を得て、翌日またお店に行って手続きをしてきました。
posted by tksg at 00:00| Comment(0) | FX110