2018年03月31日

納車

FX110の納車は2週間後となり、その間に販売証明書を持って役場に行きます。簡単な書類を書くとすぐにナンバーを出してくれました。数分で完了です。分かっていても、実際、こんなに手軽なものかと・・4輪とは大違いです、平日に時間をとることさえできれば。それと、保険屋さんに電話して、手持ちの4輪車の保険のうち1つにファミリーバイク特約をつけました。

いよいよ納車です。陸送業者がトラックに積んで持ってきたので、エンジンがかかるかだけチェック。キック一発でかかりました。ごきげんです。書類にサインして車庫に収め、ナンバープレートを取り付けます。そうするともう、走りに出かけられます。

fx110.jpg
納車直後、ナンバー取り付け前

前に乗っていたときのヘルメットやグローブ、ジャケットを引っ張り出してきて、まずは近所の車の来なさそうなところで試走です。前の大型車に比べると圧倒的に軽く、車庫前の坂道でも不安はありません。コックをONにしてキックをするとすんなりエンジンがかかります。そのまま1速に入れ、走り出します。

大してバイクの経験はないのに、2速に上げるときについ左手のレバーを握ってしまいます。といっても強く効くブレーキではないので大変なことにはなりませんが。乗ってみると、1速はかなりローギアードなので2速の発進で十分です。中間のトルクがあり、上に行くとだんだんまたトルクが下がる特性で、振動が増えるのであんまり引っ張ることを求めるタイプではありません。

エンジンが温まってくるとアイドルが下がり、近所を少し回って帰ってくる頃にはエンストしかかるぐらいになりました。降りてよく見てみると、キャブに直接ついているチョークレバーが引かれています。保証なしの現車渡しで、取説がなく、ちゃんとチェックしていなかったのです。チョークを戻すと快調になります。

もう1つ、不具合を発見しました。メーターにはバーグラフ式のタコメーターがついていると思っていたのですが、まったく表示されません。そういうものだったっけ・・と思いながら、帰ってきてから調べてみます。やっぱり、あるはずです。無保証の現車渡し(といっても整備付き)で購入しているので文句を言う筋合いではないのですが、念のため販売店に「タコメータが動かないようですが、なにか設定ミスとかあるのでしょうか?」と一報だけ入れておいてから配線を見てみます。

バッテリー上のカプラー周りを見ていると、原因らしきものを見つけました。カプラーのうち1つで、ピンが少し抜けたようになっているところがあります。これを押し込んでみると、タコメータが動き出しました。販売店には「動きました、お騒がせしました」と連絡しました。もしかしたらこれが安値の原因だったのかもしれません。

他には前後ホイールのスポークが、錆びとまでは言わないものの、少し白っぽくなっていたり、取説やリアブレーキディスクのプロテクターがないぐらいです。ネットで見てみると、フロントフォークのアウターチューブやホイールのリムが茶色に脱色しているものを多く見かけますが、そういうこともありません。良い買い物でした。
posted by tksg at 02:02| Comment(0) | FX110