2018年04月22日

バッテリーレス化

FX110にはセルモーターがなく、エンジンの始動はキックスターターのみです。ですので、バッテリーが上がっていてもエンジンがかかります。バッテリーは電圧を安定化させるためと、最初の始動時にニュートラルランプを点灯させるためだけのものと言っても過言ではありません。重いし、しばらく乗らずに放電しきってしまうとバッテリーが劣化してしまうので、バッテリーレス化することにしました。

バッテリーレス化するためには、単にバッテリーを取り外すだけでなく、電圧を安定化させるためのコンデンサを装着する必要があります。普通の電解コンデンサでも良いのですが、ここは最近はやりの電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)を使うことにしました。

P1001605.jpg

自作してもよいのですが、いい具合に箱に封入されていて振動にも強い、ランポートのバッテリーレスキット(12V用)を購入しました。装着は、単にバッテリーと置き換えるだけです。

使用感には特に問題ありません。走行後数時間は電力が残っており、キーをひねるとニュートラルランプが付きます。放電しきっていても単にニュートラルランプが点灯しないだけですし、ニュートラルに入っていないとキックが降りませんので、安全上の問題はありません。バッテリーがないと保管中のショートによる発火リスクがありませんので、インナーガレージにバイクを置いている私にとっては安心材料でもあります。白い箱が少し目立ちますが、他の配線・カプラー類やCDIユニット等も雑然とついていてまとまりがないので、時間が出来たらバッテリーの空きスペースに箱を付けるなどして、少し整理し直そうと思っています。
posted by tksg at 23:10| Comment(0) | FX110