2019年08月04日

サイレンサーステーの交換

このNSR250Rはシートカウルが交換されシングルシート化されています。タンデムする予定はないのですが、ツーリングに出かけるときの積載性の低さが気になります。タンデムシートは当然、人の体重に耐えられるよう頑丈に取り付けられていて、カウルそのものに力がかからないような構造になっています。しかしこの車両ではシートカウルの内側から支えるものがありませんので、重いものを乗せるとカウルに負担がかかってしまいます。そこでいろいろ思案した結果、サイドバッグを使うことにしました。

step0.jpg

NSR250Rは年式によりサイレンサーの高さや配置がまちまちですが、この1988年式の場合、左右のサイレンサーの高さが揃っています。またシートに平行に斜めになっているので、熱的問題さえ解決すればサイドバッグが後輪に触れないようにガードするステーの代わりをしてくれそうです。しかしこの車両の場合、サイレンサーステーが武川のステンレス製のものに交換され、リアブレーキのリザーバーもそこに取り付けられています。純正品はタンデムステップを兼ねたステーとなっていてより頑丈でバッグの重量がかかっても問題なさそうなので、純正品を取り付けることにしました。

step1.jpg

ヤフオクで純正ステップを探し、不要な部品(タンデムステップそのもの)が付いていない安価なものを探します。ものによってはインシュレーターのゴムやその中のカラーがないものもありますが、これは必要なものなので付いているものを探して落札。NSR250Rのパーツはどれも軽量な作りになっていますが、このステーも肉抜きなどされていて思ったより軽いものでした。ただしこのタンデムステップをつける部分が出っ張っていて不格好なので切り落とすことにします。

step2.jpg

グラインダーにカッター型の薄い砥石を付けて不要な部分を切り落とした後、厚みのある砥石やサンドペーパー型の砥石を使って形を整えます。最後にリューターで仕上げ。ちょっと磨いたのできれいになりました。

step3.jpg

リザーバータンクは純正ステーには付きませんので、カウルに隠れる形になりますが位置を変更します。シートレールはかなり丁寧にリブなどをカットしてあるので元の位置ではありませんが、よいところに十分な空間がありました。

step6.jpg

装着後の状態。タンデムステップをつけるための出っ張りがないのでスッキリしました。ヒールガード部分を残しているのは、積載時のフック代わりにしようという魂胆です。

IMG_20190811_144137.jpg

サイドバックには、かなり大容量の TANAX MFK-187 を選んでみました。本来はもう少し水平に取り付けるものですが、カウルの後ろの方に力がかかるのを避けたいので、サイドバッグ裏側前方のバックルをステーのヒールガード部分に固定してバッグ全体の重さがかかるようにした上で、上側のベルトをシート後部にかかるように取り付けてみました。これならきっと問題なさそうです。
posted by tksg at 18:56| Comment(0) | NSR250R