2019年10月05日

サイレンサー交換

よく整備されており外装もきれいなNSR250Rですが、一箇所気になる部分がありました。右側のサイレンサーです。

IMG_20191005_155105.jpg

アルミ製なので腐食などはあまりないのですが、何箇所かに傷があります。これらは補修すれば良いようなものですが、このサイレンサーは非分解式なので(カシメで作られていて分解できない)、凹みの部分が直せそうにありません。そこで手頃な同等品を探して交換することにしました。

IMG_20191005_120114.jpg

たくさん売れたバイクなのでヤフオクに出品がそれなりにありますが、最近の高騰の効果もあってか、きれいなものはやはり取り合いになります。またこの頃のNSR250Rは毎年のように大きく改良されており、安定期に入る1990年までは年式ごとにそれぞれ形状が違います。そんななか、それなりに傷があり腐食もあるが凹みのない左サイレンサーが単品で売りに出ていたのでゲット。1800円でした。KV3 Fという刻印のある、ステーが斜めに生えているものが1988年式用です。

IMG_20191005_162650.jpg

ピカピカに磨き上げるつもりはないので、まずはグラインダーにペーパーをつけて大きな傷を落としてから、スポンジタイプの荒いペーパーでマット風に仕上げました。まだ少し傷が残っているのですが、あまりこだわって傷を落とすと肉が薄くなる可能性があるし、程々のほうが年式に対して違和感もないのでこれぐらいにしておきます。それでも元のサイレンサーに比べるとかなりきれいになりました。液体ガスケットを塗って固定します。

IMG_20191005_162421.jpg

遠目に見るとこんな感じです。左側のサイレンサーは大きな凹みがないので、同様にペーパーで磨いて質感を合わせるぐらいにしておくことにします。

hole.jpg

何かと伝説化しているようなところもある1988年式ですが、サイレンサーもなかなか攻めた作りです・・覗いてみると出口まで一本道で、なにも遮るものがありません。もちろん周囲にはグラスウールのような消音材が巻いてありますが、排ガスが通るところはそのまま真っ直ぐです。1989年式になると途中のパイプが傾けられるなど構造が変わるようですが、ともあれこれは純正品、違法でもなんでもなく当時の規制に合致したもの。意外にさほどうるさくないので不思議な感じです。
posted by tksg at 19:48| Comment(0) | NSR250R