2018年05月03日

プラグとオイルの交換

まだ走行200km程度ですが、プラグとオイルを交換することにしました。

プラグは、その焼け具合を見ると燃料の濃さをある程度確認できます。しかしせっかく外すのであれば、あまり品質が良くないと言われているオリジナルを戻すのではなく、耐久性と着火性の良いイリジウムに交換してしまうことにしました。

P1001610.jpg

純正のスパークプラグはA7TCで、それに相当するNGKのイリジウムプラグはCR7HIXです。1000円以上しますが、1本しか必要ないので助かります。

P1001609.jpg

外したプラグは、ネジの付近がススけていますが、碍子の部分は茶色くて、ちょうどいい具合に思えます。少なくとも薄すぎるということはないようです。

P1001608.jpg

プラグはネジ径が10mm、ナットは2面距離16mmですので、適合したソケットで装着します。念のためトルクレンチで締め付けました。10〜12Nmが適正トルクです。

次にオイル交換です。たった200kmで、という気もしますが、購入時に販売店の方からは「まずは300kmで交換して下さい」と言われています。ネットで調べると、この手のコピーエンジンに最初に入っているオイルは質が悪いことがあるとか。そのオイルで慣らしというのも嫌だし、カブは最初100kmで交換するという人もいるようなので、さっさと交換しておくことにしました。カブのコピーなのでホンダのオイルの中でも廉価なG1でいいのですが、これから暖かくなるし、少しエンジンの振動が減る方がいいなということで、硬めの10W-40のG2にしました。

P1070441_C1.jpg

ある程度エンジンを温めてから、普通に底のドレンプラグを抜いてオイルを排出します。かなり黒いですが、墨汁みたいな感じではなく、普通の汚れたオイルという感じです.ただし粘度は低い感じ。違和感のあるような金属物は見られませんでした。750ccほど出てきたので、同じ量を上から入れて、あとはレベルゲージを見ながら調整します。

試走した結果について。まずプラグだけ交換して走ってきましたが、効果あります。1つ1つの爆発が粒立つ感じで、アイドリングの安定感も高く、また、トルクも上がった感じがしました。ただしトップエンドではあまり大きな差がなく、きっとバルブタイミングやキャブの容量によって回転が制限されているのだろうと思います。

次にオイル交換結果ですが、これもてきめんです。振動が減り、これまで振動が気になっていた速度域が快適になっています。ギアの入りも、もともとほとんど違和感ありませんでしたが、交換後はもっと気持ちよくチェンジできます。粘度高めですのでクラッチのつながりも悪くありません。

国産のバイクに比べてこの手の消耗品やゴムパーツ類の品質が気になるバイクですが、これでより安心して気持ちよく乗れるようになりました。
posted by tksg at 00:00| Comment(0) | FX110
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: