2018年05月13日

FX110の最低地上高とメインテナンス

現在のオフロード車のホイールは、フルサイズと言われるものでもフロントが21インチ、リアが18インチですが、FX110はフロント・リアともに21インチの大きなホイールを装着しています。さらにタンクの機能を兼ね備えた扁平なフレームと、高さを要しない横型エンジンの組み合わせにより、非常に高い最低地上高の高さを確保しています。公道走行可能なバイクとしてはトップクラスの最低地上高と言えます。

heigh1.jpg

普通に走る分には腹を擦ることを恐れる必要がなく良いのですが、メインテナンスのときには少し工夫が必要になります。特にチェーンのメインテナンスは頻度が高く、そのときにリアタイヤを回す必要があるのですが、それが簡単ではありません。センタースタンドがなく、またリフトで持ち上げるにも、小さいものでは届かない可能性があります。

height2.jpg

そこでまず、最低地上高の実測です。1G状態で立てかけて最低地上高を測ると370mmありました。サブフレーム部分などはもっと高くなっていますが、ステップが下寄りに付けられており、その金具の下端が少し飛び出ていて、そこが370mmです。車重がかかってこの状態ですので、さらにもう少し、約400mmまで持ち上げなければリアタイヤは空転しません。

ネットで色々調べると、高級品のジャッキ(リフト)には500mmかそれ以上まで上がるものもありますが、廉価な製品では350mmまでのものが多くなっています。また、多くのジャッキはパンタグラフ式(X字型)で、伸び切ったときにはXが細くなり片側に寄るので、あまり安定感が高いとはいえません。オフロードスタンドなどの簡易なものもありますが、そもそもオフ車は軽いので、可動しない単なる台座も多く使われているようです。そこで私は以下のようにしてみました。

height3.jpg

洗車用具を入れている座れるタイプのプラスティック製の箱に、適当に廃材を組み合わせて高さを稼ぎます。この状態で台座の高さが約400mmです。これを腹下のステップのそばに置き、リアを人力で持ち上げて載せるのです。FX110は乾燥重量83kg、装備重量でも87kgしかないので、リアフェンダーに覆いかぶさるようにして向こう側のスイングアームに手をかけ持ち上げると、簡単にリアが持ち上がります。いちいちリフトで上げるより手軽で素早く、また載せた状態での安定感も高いと思います。

今回は廃材を使ったのですが、写真のように少し曲がったりして危なっかしいので、そのうち適当な角材を切ってこようと思っています。ともあれ、このためだけにジャッキを買うことは避けられました。
posted by tksg at 00:00| Comment(0) | FX110
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: