2018年06月09日

タイヤ交換

純正タイヤはまだまだ山がありますが、いろいろ思うところあってタイヤ交換をしました。

早々にタイヤ交換する理由の1つは、純正装着のタイヤの性能に少し疑問を持ったためです。FX110についてくるタイヤはYuanxingというブランドのタイヤで、調べてみると中国内陸部、成都の近郊にあるタイヤメーカのようです。ブロックがまばらに配置されたネガティブ率の高いタイヤですが、柔らかいゴムが使われるトライアルタイヤとはかなり違うようで、ゴムがかなり固めです。そのため舗装路を走っても見た目から想像されるよりはちゃんと走るのですが、ブロックが細くて高いので、どうもグニャグニャした感触があります。FX110は剛性感が低いと書かれているブログがありますが、どうもこれはタイヤのせいではないかと思っていて、それを検証したかったということもあります。

DSC_3082s.jpg

さて,それではどんなタイヤをつけるか・・ですが、自分の使い方では割と舗装路も走るので、いわゆるトレール車のタイヤから選びました。前後ともオフ車のフロントに多い21インチホイールですので選択肢が結構あります.ダンロップのD605、ブリジストンのTW301なども検討しましたが、これらより少しだけオフ寄りで評判のよいIRC(井上ゴム工業)GP-21にしました(上写真の右)。1.6インチのリム幅に適合するものは2種類ありますが、チェーンテンショナーとリヤタイヤの間のクリアランスが狭いので無理をせず、細い方の2.75-21を選択しました。amazonで1本4,718円とリーズナブルです。届いたタイヤは結構汚れていましたが、製造年月は0618、つまり今年の第6週製造で結構新しいものでした。

並べてみると、純正のタイヤに比べてブロックは大きめですが、密度(ブロックの個数)はあまり違いません。触ってみると、ゴムそのものの硬さはGP-21のほうがずっと柔らかい。またタイヤ全体の丸さもあります。純正のタイヤはブロックの頭がそれぞれ平面的な感じですが、GP-21は丸みに沿った形状になっていてカーブがスムーズに回れそうです。

DSC_3077s.jpg

タイヤ交換(組み換え)は初めてなので道具も揃えました。タイヤレバー3本とリムガードがセットになったもの(1,999円)と虫回し(273円)。ビードクリームも用意しましたが、結局、シリコンスプレーをリムに吹いただけで組めたので使用しませんでした。念のためチューブやリムバンド、バルブコアも買いましたが、チューブを破ることもなかったので結果的にそれらはすべてストックに回りました。

DSC_3074s.jpg

フロントホイール、リアホイールともにアクスルシャフトを抜くだけで脱着できます。しかしフロントホイールを取り外している間、バイクをどうやって立てておくかが問題です。またアクスルシャフトは固く締まっているので、緩める際にバイクに力がかかりがちです。幸い、車庫の物置きスペースの梁が太いので、そこに強靭なロープとカラビナを吊るし、ハンドルバー(バーライザーの間)をロープで吊るして保持しました。FX110の場合、ジャッキアップポイント(ステップ下の突起)が後ろよりについているため、フロントホイールを取り外してもまだ前が下がろうとします。念のためフォークの下にも台座を置いて支えました。

DSC_3078s.jpg

タイヤの脱着ですが、径が大きく細身のタイヤなので、想像していたよりはずっと楽にできました。空気を抜いて虫を抜き、エアバルブ部分のナットを外します。またFX110ではビードストッパーがついているので、そのボルトも緩めておきます。そしてビードを落としていきますが、チューブレスタイヤとは違ってホイルに引っかかっていないので、指で押すだけで隙間があくぐらいの簡単さです。

ハブやブレーキディスクが床に接触しないよう木片を敷き、手前側のビードを膝で押さえながら向こう側にリムガードとタイヤレバーを差し込めば簡単にビードを手前に出せます。2本目のタイヤレバーも使い、4分の1ぐらいが上がってくれば、あとの部分は手で出せます。隙間からチューブを引き出した後は、タイヤを立ててホイールを引っ張れば大した力も使わずにホイールが外れます。

DSC_3080.jpg

装着は逆の手順です。まずは新しいタイヤのビード部分に軽くシリコンスプレーを吹き、タイヤをはめ込みます(一方のビードをリム内に入れます)。これは立てたまま指の力で楽に入りました。次にチューブを入れ、エアバルブ部分のナットを軽くかけてから残りのビードを入れていきます。このときはタイヤレバーを使う必要がなく、順に押し込んでいくだけで全部入りました。ビードストッパーや、チューブのバルブ部分がビードに引っかかりやすいので、そこをチェックしてOKならエアバルブ(虫)をつけて空気を入れ、2箇所のボルトを締めれば完成です。ビードストッパーは強く締めますが、バルブ側は程々にしておきます。

DSC_3081s.jpg

よく、ビードを出したり押し込んだりするのに相当な力が要ったり、その際にチューブを破ったりといった話を聞きますが、少なくとも今回のケースではそんなことはありませんでした。できるだけタイヤレバーを使わないようにしたこともありますが、やはりポイントは反対側のビードをちゃんと落とすところにありそうです。ビードには強靭なワイヤーが入っていますので、無理に伸ばすことはできません。外そうとするところの反対側のビードを落とすことで長さに余裕を作ることが大事なようです。まあ、フロントタイヤ(21インチ)は楽だがリアタイヤ(普通は18インチ)では苦労した、といった話が多く、FX110はフロント・リアともに21インチなので楽で当たり前です。最初のフロントよりリアはもっと要領よく、短時間で組み上げることができました。

道具としては、リアスプロケットやブレーキディスクが床面に接触しないように浮かせる木材が必要です。井桁状に組んだものが使いやすいようなので自作しようかと思っていましたが、結果的には自宅に転がっていた端材(太いものと細いもの2本)があれば十分でした。また空気をいれるのも自転車用の普通の空気入れで十分です。

バイクに装着する前にアクスルシャフト部分のシールなどを点検します。特に問題ないようですが、回転時に少し鳴いていたので内部にたっぷりとチェーンルブのスプレーを吹き込んでおきました。アクスルシャフトにはめるカラーは位置によって長さが違うので間違えないように元通りに組み付けます。

長くなったのでインプレッションは次のページで。
posted by tksg at 20:34| Comment(0) | FX110
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: