2018年09月02日

小傷の修復

今回のXR250は13年落ちの中古車なので、当然、あちこちに汚れや小傷があります。まずグリップですが、前のオーナーが交換してからかなり経っているのか劣化してきていますので、交換しました。

DSC_3163.jpg

バイク用品店に行くと驚くほどいろんな種類のグリップが売っています。その中から、多色使いやロゴが目立つやつでない地味なもので、寸法が合うものを買いました。よくグリップを抜くのに苦労するようですが、接着剤が劣化していたのか左右ともわりに難なく抜けてくれました。バーエンドをつけるし、きつめでほとんど回らないので、接着剤を使わずに挿入。

DSC_3165.jpg

バーエンドも片側が削れてしまっていたので交換。レバー類などいくつかZETAのアクセサリがついているので、安かったこともあり、合わせてみました。

1.jpg

つぎにリアサイドのゼッケンカウルにとりかかります。オフ車の外装はやわらかいポリプロピレン製で、艶を出すのは難しいということですが、右側は転倒のためか傷がついているので、ダメ元で削ってみます。

2.jpg

大きな傷は消せましたが、サンドペーパーの目が残ってしまっています。ここから目を細かくして、最後には仕上げ用のコンパウンドも使って磨いてみましたが、やはりもとの光沢には戻りません。良かったのは100円ショップにも売っている、女性用の「つめみがき」で、これでかなりツヤは出るので白い外装なら違和感ないところまで持っていけそうですが、黒外装はよほどうまく磨かないと元のツヤはでそうにないし、もしかしたら元の外装は艶出しのためにウレタンクリアで塗装されているようにも見えます。まあここまでの作業は下地均しと考えて、つぎの方法に進みます。

3.jpg

これは3Mの「ダイノックフィルム」というもので、もともとは建材だそうですが、最近はカーラッピングなどと呼ばれ自動車(4輪車)のドレスアップにもよく使われるようになっているものです。上の写真は端切れですが、以前購入したドライカーボン風のものを大量に余らせているので、これを貼ってみることにしました。

4.jpg

ドライヤーで熱風を当て、熱いのを我慢して伸ばしながら貼っていきます。凹凸が激しいものはなかなかシワなく貼るのが難しいのですが、これぐらいの形状なら十分可能です。凹部は使用の過程で剥がれて浮いてきたりすることもありますが、これぐらいのうねりなら大丈夫でしょう。思った以上にきれいに、それっぽくなりました。

5.jpg

装着しました。もともと黒外装ということもあってとてもいい感じです。反対側も同じように貼り込んで完成。もしまた傷が入っても、貼り直すための在庫もたっぷりあります。

DSC_3175s.jpg

個人的には表面がツルツルのウェットカーボンタイプよりも、少し落ち着いたこのドライカーボンタイプが好みです。他の部分も貼り込みたくなりますが、あんまりカーボンだらけになるのも品がないので、あとはライトカウルぐらいにしようかと思っています。エアクリーナーボックスの表面も少し劣化しているので、ここは次回、黒色で塗装しようと思います。
posted by tksg at 23:00| Comment(0) | XR250
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: