2019年06月08日

状態確認

よく整備されていると言っても昭和のバイク。念のため、乗り出す前に気になる部分を確認しました。出先でプラグ交換が必要になったときなどのため、簡単な作業ならすぐできることを確認しておきたいためです。

spec1.jpg

カウルをとったところはこんな様子で、いかにもノーマルです。そんななか、ラジエーターはMC21の湾曲タイプに交換されホース類も新しいものになっています。カウルを取り付けるステーもとてもしっかり作られており、ネジ受けもボルトではなくステーに雌ねじソケットが溶接されているタイプが使用されています。いちいちカウル裏側にレンチを入れなくても簡単にプラスドライバーだけでカウル脱着ができて助かります。

insulate.jpg

気になる点というのは、カウルの保護です。右側のカウルとチャンバーの間隔が狭く、一部接触するようです。たいした温度ではないので大丈夫なようですが、念のためチャンバーとカウル内側にデイトナのグラスファイバーシートを張り込んでおきました。このカウル、TYGA Performanceというメーカの他車種(MC22 CBR250RR)用のものですが、これを加工して装着してあります。CBR250RRは直4エンジンのため幅が広く、左右のカウルにはクラッチカバーが露出するような丸い穴が空いていますが、そこは裏からFRPで丁寧に塞がれておりまったく違和感のない仕上がりになっています(カウル全体がもとからFRPです)。RCバルブは正常に動いている様子でした。

spec2.jpg

リア側のシートカウルを外したところ。非常用の車載工具や予備のプラグ、書類を車両に搭載するにはどこがいいか検討するためです。シート下のバッテリーの上にかなりの空間があり、ここに書類や車載工具はじゅうぶん置けそう。それにしても、いかにもプロの仕事です。このカウルをつけるためにノーマルのシートレールは一部カットされていますが、切れ端もきれいに落とした上で全体がきれいに塗装されています。さらに、PGM(CDI, ECU)やRCバルブコントローラー・サブコントローラーがアルミ板を利用して丁寧に整然と固定されていました。適当にタイラップで止めるようないい加減な処理は一切なし。バッテリーも新しそうですし、シートを支える部分もうまく作り込んであり感心させられました。シートカウルはプラスネジ4箇所を外すだけで脱着できるので、別途、フロントカウル内側のどこかに小さい小物入れをつけてドライバーなどを入れておくことにします。

左端の赤いカプラーの上に見える黒いギボシが、かの有名な?1988年式のパワーリミッターの配線です。このギボシを抜くだけで、75%までしか開かないRCバルブが全開するようになり9500〜12000rpmのあたりのパワーが向上するはず。でもまあ、せっかくつながっているので(笑)いまのところはつないだままにして様子を見ようと思います。
posted by tksg at 22:10| Comment(0) | NSR250R
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: