2019年07月20日

突き止めた!

・・と大袈裟なタイトルですが、たいした話ではありません。外装がカスタムされたNSR250Rですが、出自のわかっていなかったテールランプAssy. の由来がわかりました。

1551422397375.jpg

このバイク、受け取ったときに「テール部分は原付の部品を流用してカスタムしてある」という話は聞いていました。でもどの車種のものかはわからなかったのですが、ふとしたことで似たものを見つけました。それがこの、ホンダ・スマートディオ(AF56)です。プレス用の写真では前からの写真しかなく十分確認できませんが、画像検索するとリアの写真も見つかります。クリアカバーが付いているので気づきにくかったのですが、その中身のレンズの形状は、どうも同じ形に見えます。

DSC_3871.jpg

そこで1つ入手してみることにしました。ヤフオクで検索してみると、安価でゴロゴロとたくさん出品されています。その中からなんと、即決1円のものを落札。送料は1000円少々かかりましたが、電球も全部ついており、割れ・欠けなどもなく、上々の状態です。

DSC_3873.jpg

このユニット、テールランプ・ストップランプと方向指示器が一体になっているのはもちろん、ナンバープレート照明のための透明な窓も底部に付いています。NSRでもこの照明をうまく使ってテールランプが照らされるように作られています。透明のカバーは爪で引っかかっているだけなので簡単に外せそう。中身の赤と黄色のレンズは中古品でもカバーに守られて傷が入っていないので流用にはちょうど都合が良かったのかもしれません。

DSC_3880.jpg

そして、NSRに装着されているものと並べた結果。完全に一致しました。

バイクのテールランプはカスタム用の汎用品がいろいろと売られていますが、どれも結構なお値段です。最近は海外製のものも多く売られていますが、防水性や強度が劣ったり暗かったりするものも。その点、この手の国産車の部品の流用は安上がりで信頼性も高く、壊れたときに同じものを入手するのも容易なので、形さえあえばいい方法だと思いました。
posted by tksg at 17:03| Comment(0) | NSR250R
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: