2019年12月08日

カウルの修正

このNSR250Rには社外品のカウルが付いています。サイドカウルはCBR250RR(MC22)用のようですが、シートカウルはまたちょっと違います。どうも、CBR250R (MC41) 用の外品カウルをもとに製作されているようです。

IMG_20190825_145905.jpg

きれいにフィッティングされているのですが、少し気になるところがありました。それは、シートカウルとフレームの間がいろんな角度をむいてギザギザしている点です。そこで今回、そこを平行にして「とってつけた感」を解消することにしました。

pmetal.jpg

カウルをカットすると隙間が大きくなり、カプラーとかが見えてしまうので、まずはパンチングメタルで目隠しをすることにしました。アルミ製のパンチングメタルは柔らかくて切るのも簡単、波打たないように気をつければOKです。

cut.jpg

続いていよいよカウルのカット。このカウルはFRP製なので丈夫ですが、サンダーならあっという間に切れます。反対側も同様にカットします。

rside.jpg


lside.jpg

出来上がりです。違和感なく仕上がりました。カウルは白できれいに塗装されていますが、遠目にはゲルコートのまま塗装していないようにも見えるので,少しステッカーも貼ってみました。
posted by tksg at 22:23| Comment(0) | NSR250R
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: