2022年05月28日

ブレーキパッド交換

コロナ禍もなかなか落ち着きませんが、病床使用率が下がってケガも出来ないという感じではなくなってきて、気候も良くなってきたので、乗りやすい雰囲気にはなってきました。そういうわけであまり距離は伸びていませんが、それでも劣化するところは劣化します。どうも前からフロントブレーキの効きがいまいちだなあと思っていて、それは多分フォークオイルがブレーキパッドに染み込んでいるためのようなので、今回交換してしまうことにしました。

DSC_0851.JPG


NSR250Rは乾燥重量120kg台という軽さのくせにフロントがダブルディスクで、しかもキャリパーも左右それぞれ異径対向4ポッドです。なのでブレーキパッドも2セット、4枚必要になります。パッドには乗りやすいと評価の高いデイトナの赤パッドにしました。

DSC_0852.JPG


以前、フロントタイヤを交換してもらったときに少し手伝って、キャリパーの脱着もしたのですが、今回はパッド交換だけなのでキャリパーは外さずに差し替えるだけにします。プラスティック製のカバーをマイナスドライバーではずして現れるネジを外し、パッドピンを抜いて抑えバネを外し、パッドを入れ替えて、もとに戻すだけです。4輪車と枚数は変わらないですが、むき出しになっていて作業しやすいのと、対向キャリパーのためとても作業は簡単で楽でした。外したパッドはそれなりにまだ残っていましたが、やはり状態は悪くなっていました。

IMG_20220416_160150.jpg


パッド交換時に少しシリンダーを押し戻しているため、走る前によくブレーキをかけて圧力がかかるようにしておきます。そしてぐるりと試走しましたが、違いは歴然。軽い力でしっかり止まるのはもちろん、ブレーキの剛性感も高まったように感じられました。これでまた安心して乗れそうです。
posted by tksg at 22:41| Comment(0) | NSR250R

2021年03月14日

ヘッドライトのLED化

NSR250Rですが、さすがに昨年はほとんど乗りませんでした。コロナ禍で病院に負担がかかっており、自分としても、また社会のためにも、万が一にも大怪我はできないということで、たまに自宅でエンジンをかけるか、少し近所を走るだけか、といったところ。しかしそんな状態でも劣化するところは劣化します。

IMG_20210306_163912.jpg

というのはこのバイク。外装がオリジナルですが、HID式となっているヘッドライトがどうも不調で、電源ONでもときどき点灯しなかったりしたのですが、最近はとうとうつかなくなってしまいました。2灯あるヘッドライトのうち片側はそもそも点灯しておらず、店の説明では「消費電力の関係で片側だけ点灯するようにしてあるようだ」ということでしたが、バルブもバラスト(制御回路)も付いていて接続もされており、故障しているようにも思えます。

IMG_20201004_153203.jpg IMG_20201004_152838.jpg

ということで最初はレギュレータを疑い、交換したのですが変化なし。あまり乗らないこともあるのでバッテリー充電器も調達して充電したのですがダメなようです.電圧も十分な値なので、これはいよいよHID本体か、ということになりました。HIDは明るいですがハロゲンに比べてさほど消費電力削減にならないのと、バラストが邪魔なので、この機会にLED化することにしました。

しかし問題はヘッドライトユニット。HIDのバルブを抜いて交換したいところですが、どうも単にソケットで入っているのではなく、ユニットを加工して装着されているようです。バルブを後ろから押さえる配線部品もないため、市販のLEDもそのままでは取り付けられません。やむなくヘッドライトユニットを新しく調達することにしました。この外装は TYGA Performance製で、ヘッドライトユニットの在庫もありそうでしたが、型番の確認も兼ねて念のため問い合わせると、在庫ありとのこと。さらにおすすめの、問題なく使えることが確認済みのLEDバルブまで紹介してもらえました。早速注文するとFedExで発送され、ものの3日ほどでタイから到着。驚きの速さです。

DSC_5626s.jpg

装着は特にトラブルなく行えました。ヘッドライトユニットは見えない部分が黒色から透明に変更されていたりとまったく同じものではなかったのですが形状は同じで、そのままポン付け。LEDバルブも後ろ側に飛び出しがないタイプで、電球を抜いて差し替えるだけです。メーター裏に取り付けてあったバラスト類をごっそり降ろしすっきりしました。以前はリレーを用いてバッテリーからバラストまでの電源を直結されていたのですが、それも不要になり、かなりの量の部品が撤去できましたし、トラブルに繋がりうる漏電のリスクも減ったと思います。この機会にバッテリーも新調しました。

DSC_5624s.jpg

前回エンジンを掛けてから、約4ヶ月ぶりになるかもしれません。エンジンも(さすがにキック回数を要しましたが)無事にかかり、近所を少し走りましたが変わらず好調。これから良い季節ですので楽しみですが、唯一の不安材料はコロナウイルスの状況でしょうか。
posted by tksg at 23:45| Comment(0) | NSR250R

2019年12月08日

カウルの修正

このNSR250Rには社外品のカウルが付いています。サイドカウルはCBR250RR(MC22)用のようですが、シートカウルはまたちょっと違います。どうも、CBR250R (MC41) 用の外品カウルをもとに製作されているようです。

IMG_20190825_145905.jpg

きれいにフィッティングされているのですが、少し気になるところがありました。それは、シートカウルとフレームの間がいろんな角度をむいてギザギザしている点です。そこで今回、そこを平行にして「とってつけた感」を解消することにしました。

pmetal.jpg

カウルをカットすると隙間が大きくなり、カプラーとかが見えてしまうので、まずはパンチングメタルで目隠しをすることにしました。アルミ製のパンチングメタルは柔らかくて切るのも簡単、波打たないように気をつければOKです。

cut.jpg

続いていよいよカウルのカット。このカウルはFRP製なので丈夫ですが、サンダーならあっという間に切れます。反対側も同様にカットします。

rside.jpg


lside.jpg

出来上がりです。違和感なく仕上がりました。カウルは白できれいに塗装されていますが、遠目にはゲルコートのまま塗装していないようにも見えるので,少しステッカーも貼ってみました。
posted by tksg at 22:23| Comment(0) | NSR250R