2019年08月11日

いろいろ調整

このNSR250Rは1988年式ですが、1990-1993年式のリアスイングアーム「ガルアーム」が装着されています。こちらで書いたように車高を補正するためのリンクアームも装着されていますが、それでも少し車高が高い気がしています。

side.jpg

リアのカウルが交換されているうえ、1988年式オリジナルの18インチリアホイールから1990年以降の17インチホイールに交換されているのでわかりにくいのですが、マフラーとタイヤの位置関係などを見ると、やはりちょっと高いように思われます。そこで少しリア車高を下げてみることにしました。

down.jpg

リアサスのプリロードを変更することで車高を変えることができます。ただし停車時(非乗車時)はダンパーが伸び切った状態で、この長さはプリロードでは変化しないので停車中の車高には変化がありません。またがった感じでは足付きから1〜2cmほど下がった気がしますが、いずれにしてもちょっと走ってみて感触がどうかでしょうか。フロントのプリロードは最弱になっていたのですが大きい段差で少し遊び感があるのでフロント側は一段回だけ逆にプリロードを強くしてみました。

limitter.jpg

リアカウルを外したついでにリミッターを解除できるスイッチを取り付けてみました。このリミッターは最高速を180km/hに制限するスピードリミッターではなく、RCバルブの開度を制限することにより最高出力を45psに抑えるためのリミッターです。1988年式のNSR250Rでは上の写真の赤丸内のギボシを抜くだけでこのリミッターが解除され、フルパワー化されます。当時、この手の2ストロークレプリカはヤマハのTZR250などと熾烈な競争にあっただけでなく、サーキット走行に利用されることが多いことから簡単にフルパワー化できるようにしたのでしょう。しかしこのあまりに簡単な、いかにも「解除してください」と言わんばかりの作りは他メーカーから批判を受けたようで、この1988年式ではそもそも45psに収まっていないとも言われた最高出力ともども、次年度の1989年式から対策が施されてマイルドになってしまいました。

DSC_3929.jpg

リミッターを解除したままにしてしまう人も多いようですが、この配線(エンジン回転数をRCバルブサブコントローラーに伝える配線)を抜くとオイルポンプの電子制御もカットされオイル供給量が増えてしまいます。サーキットでは問題ないようですが、街乗りだとかぶりやすくなったりオイル消費量が増えたりすることになるので、スイッチで簡単に切り替えられるようにしてみました。といってもスイッチの先にギボシのオスメスをつけるだけです。

switch.jpg

スイッチは雨がかかりにくく不用意に触ってしまいそうにないタンクの奥(エアクリーナーボックスの側面)に貼り付けてみました。現状でも十二分なパワーがあるので解除する必要は感じませんが、そのうち一度試してみたいと思います。

他に、シフトペダルの位置が高すぎるので少し下げるなどの調整もしました。車庫内は日陰とはいえこの連日の暑さ。これ以上作業したり乗りに出かけたりすると熱中症になりそうなのでこのへんで切り上げました。

posted by tksg at 22:16| Comment(0) | NSR250R

2019年08月04日

サイレンサーステーの交換

このNSR250Rはシートカウルが交換されシングルシート化されています。タンデムする予定はないのですが、ツーリングに出かけるときの積載性の低さが気になります。タンデムシートは当然、人の体重に耐えられるよう頑丈に取り付けられていて、カウルそのものに力がかからないような構造になっています。しかしこの車両ではシートカウルの内側から支えるものがありませんので、重いものを乗せるとカウルに負担がかかってしまいます。そこでいろいろ思案した結果、サイドバッグを使うことにしました。

step0.jpg

NSR250Rは年式によりサイレンサーの高さや配置がまちまちですが、この1988年式の場合、左右のサイレンサーの高さが揃っています。またシートに平行に斜めになっているので、熱的問題さえ解決すればサイドバッグが後輪に触れないようにガードするステーの代わりをしてくれそうです。しかしこの車両の場合、サイレンサーステーが武川のステンレス製のものに交換され、リアブレーキのリザーバーもそこに取り付けられています。純正品はタンデムステップを兼ねたステーとなっていてより頑丈でバッグの重量がかかっても問題なさそうなので、純正品を取り付けることにしました。

step1.jpg

ヤフオクで純正ステップを探し、不要な部品(タンデムステップそのもの)が付いていない安価なものを探します。ものによってはインシュレーターのゴムやその中のカラーがないものもありますが、これは必要なものなので付いているものを探して落札。NSR250Rのパーツはどれも軽量な作りになっていますが、このステーも肉抜きなどされていて思ったより軽いものでした。ただしこのタンデムステップをつける部分が出っ張っていて不格好なので切り落とすことにします。

step2.jpg

グラインダーにカッター型の薄い砥石を付けて不要な部分を切り落とした後、厚みのある砥石やサンドペーパー型の砥石を使って形を整えます。最後にリューターで仕上げ。ちょっと磨いたのできれいになりました。

step3.jpg

リザーバータンクは純正ステーには付きませんので、カウルに隠れる形になりますが位置を変更します。シートレールはかなり丁寧にリブなどをカットしてあるので元の位置ではありませんが、よいところに十分な空間がありました。

step6.jpg

装着後の状態。タンデムステップをつけるための出っ張りがないのでスッキリしました。ヒールガード部分を残しているのは、積載時のフック代わりにしようという魂胆です。

IMG_20190811_144137.jpg

サイドバックには、かなり大容量の TANAX MFK-187 を選んでみました。本来はもう少し水平に取り付けるものですが、カウルの後ろの方に力がかかるのを避けたいので、サイドバッグ裏側前方のバックルをステーのヒールガード部分に固定してバッグ全体の重さがかかるようにした上で、上側のベルトをシート後部にかかるように取り付けてみました。これならきっと問題なさそうです。
posted by tksg at 18:56| Comment(0) | NSR250R

2019年07月20日

突き止めた!

・・と大袈裟なタイトルですが、たいした話ではありません。外装がカスタムされたNSR250Rですが、出自のわかっていなかったテールランプAssy. の由来がわかりました。

1551422397375.jpg

このバイク、受け取ったときに「テール部分は原付の部品を流用してカスタムしてある」という話は聞いていました。でもどの車種のものかはわからなかったのですが、ふとしたことで似たものを見つけました。それがこの、ホンダ・スマートディオ(AF56)です。プレス用の写真では前からの写真しかなく十分確認できませんが、画像検索するとリアの写真も見つかります。クリアカバーが付いているので気づきにくかったのですが、その中身のレンズの形状は、どうも同じ形に見えます。

DSC_3871.jpg

そこで1つ入手してみることにしました。ヤフオクで検索してみると、安価でゴロゴロとたくさん出品されています。その中からなんと、即決1円のものを落札。送料は1000円少々かかりましたが、電球も全部ついており、割れ・欠けなどもなく、上々の状態です。

DSC_3873.jpg

このユニット、テールランプ・ストップランプと方向指示器が一体になっているのはもちろん、ナンバープレート照明のための透明な窓も底部に付いています。NSRでもこの照明をうまく使ってテールランプが照らされるように作られています。透明のカバーは爪で引っかかっているだけなので簡単に外せそう。中身の赤と黄色のレンズは中古品でもカバーに守られて傷が入っていないので流用にはちょうど都合が良かったのかもしれません。

DSC_3880.jpg

そして、NSRに装着されているものと並べた結果。完全に一致しました。

バイクのテールランプはカスタム用の汎用品がいろいろと売られていますが、どれも結構なお値段です。最近は海外製のものも多く売られていますが、防水性や強度が劣ったり暗かったりするものも。その点、この手の国産車の部品の流用は安上がりで信頼性も高く、壊れたときに同じものを入手するのも容易なので、形さえあえばいい方法だと思いました。
posted by tksg at 17:03| Comment(0) | NSR250R